ランディングページ制作・リニューアルについて、ポイントや制作の流れをご紹介しております。

LANDING PAGE ランディングページ制作

WHAT SITE LPとは

一般的に「ランディングページ」や「LP」が指すものは、一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWebページで、リスティング広告を含む様々な広告やリンクからの飛び先に設定されます。

ROLE OF THE SITE LPの役割

ランディングページの目的は、「流入したユーザーに訴求を行い、逃さず購買、お問合せなどのアクションまで誘導すること」です。
ランディングページでは、主に離脱を防ぐため1ページの縦長で構成されます。
その中で、お悩み解決などでユーザーを惹きつけ、特定の商品やサービスなどについて、深く訴求を行い、
購買やお問合せなどのアクションまでワンストップで展開します。
基本的にはリスティング広告などのインターネット広告や自社サイトでの商品ページなどで多く活用されます。

  • 1ページにユーザーの知りたい情報をまとめることができる

  • キャンペーン内容にあった様々なページを制作できる

  • デザイン性の高いページを制作できる

  • 他ページへのリンクがない

IMPORTANT LP制作において大切にしていること

  • あらすじを作ること

    ランディングページを制作する上で重要なポイントの一つに「あらすじ」があります。このあらすじがしっかりしていなければ、「読みづらい」や「わかりにくい」などと感じてしまい、せっかくの訪問者も離脱してしまうかもしれません。

  • 十分な情報を提示すること

    いろいろなホームページやブログ、口コミサイトなどには、たくさんの情報があふれています。当然、ランディングページを訪れたユーザーもなんらかの情報を求めているわけですから、多少の情報量だけでは満足してくれません。
    また、情報量の少ないランディングページに比べて、情報量の多いランディングページの方がコンバージョン率が高くなることが多いです。つまり、数多くのランディングページが存在する中で、他の差別化を図りつつ、集客効果をあげるためには、より多くの確かな情報が必要です。

  • ユーザーを離脱させないこと

    訪問者がページを訪れた後、そのページしか見ずにそのままサイトから出たかを測る直帰率という数値が高ければ高いほど、そのページに魅力を感じる人が少ないという判断ができます。
    この直帰率と大きく関わってくるのが、ファーストビューです。知りたい情報を探している時、目的にあったページを探すためいろいろなサイトを見ます。このとき、ユーザーのほとんどは、開いたページを見た時、一瞬で「読む・読まない」の判断を決めてしまいます。
    そのため、興味を持ったユーザーがどれだけそのページに滞在しているのか、最後まで読み進めてくれているのかなど、こまめなアクセス解析は必ず行いましょう。
    もし、こうした傾向が見られるようであれば、デザインを変えてみる、キャッチコピーを変えてみるなどの対策が必要となります。また、ページの表示速度が遅いなどの原因も直帰率を高めてしまう要因となりますので、ページ全体が表示されるまでの時間を計測し、表示が遅い場合には対策をしましょう。

CONTENT LPに必要なコンテンツ

  • 強み

  • 特長

  • 悩み

  • 課題への同調

  • 実績

  • お客様の声

  • よくあるご質問

  • FAQ

  • 金額・プラン

FLOW ご契約から納品までの流れ

  1. 01

    戦略設計

    • ・競合LPの訴求内容・コンテンツを把握しているか
    • ・ターゲットを想定できているか
    • ・想定ターゲットが検索しそうなキーワードを抑えているか
    • ・コンバージョンの内容を定めているか
  2. 02

    情報開発

    • ・有効なキャッチコピーになっているか
    • ・必要なコンテンツを配置できているか
    • ・コンテンツに独自性があるか
    • ・必要素材を検討・選定できているか
    • ・エントリーフォームの仕様は固まっているか
  3. 03

    デザイン開発

    • ・デザインのトーン&マナーは定めているか
    • ・色彩設計はできているか
    • ・飽きさせないレイアウト設計ができているか
    • ・フォントの設計はできているか
    • ・メインビジュアルは訴求力のあるデザインになっているか
  4. 04

    コーディング実装

    • ・ユーザーの目線の動きを妨げない適切な動きのある表現が設計・実装できているか
    • ・表示速度を考慮した画像容量になっているか
    • ・各種デバイスでの表示に問題がないか
    • ・各種ブラウザでの表示に問題がないか
    • ・運用・分析のためのタグの設置が完了しているか
    • ・ユーザーが迷わないフォームの実装が行われているのか
    • ・実装したフォームが設置サーバー上で適切に動作するか
  5. 05

    構築

    • ・あるべき姿を形に。質の高いアウトプットを実現
    • ・デザイン実装
    • ・システム開発など
  6. 06

    運用

    • ・リリース後もフォローと運用
    • ・改善支援が可能

PRICE 制作料金

サービス例

  • 企画・構成・諸経費
  • トップページ
  • 下層ページ(6ページ)
  • お問い合わせフォーム
  • アクセス解析ツール設置
  • 内部SEO対策
  • Googleサイト登録

総費用:50万円

新規顧客開拓・販路拡大では、営業のご活躍により契約をご検討されている新規顧客に対して、企業の信頼性や将来性を効果的にアピールできます。
優れたコーポレートサイトはご検討中のお客様に対してご契約の後押しとなります。

LP制作料金:15万円(税抜)~

パッケージプラン

PACKAGE PLAN お得なパッケージプラン

新規顧客開拓・販路拡大では、営業のご活躍により契約をご検討されている新規顧客に対して、企業の信頼性や将来性を効果的にアピールできます。
優れたコーポレートサイトはご検討中のお客様に対してご契約の後押しとなります。

ホームページ制作で悩んだら、

まずはご相談を!

ご相談・お見積り 資料ダウンロード