リクルートサイト制作・リニューアルについて、ポイントや制作の流れをご紹介しております。

RECRUIT SITE リクルートサイト制作

WHAT SITE 採用サイトとは

採用サイト(リクルートサイト)とは、求職者に向けて情報を発信する、求人募集を専門としたホームページです。
採用サイトは自社にマッチした人材からの応募獲得や、より良い人材からの応募を獲得するために、企業が言いたいことを一方的に伝えるのではなく、求める人物の情報ニーズや入社後のメリットなど、求職者の目線で制作し、ミスマッチを削減することが大切です。
求職者の多くは複数企業の検討、応募を行っているので、競合他社と差別化された質の高い採用サイトを作ることで、求職者へのアピール力を高めていく必要があります。

ROLE OF THE SITE 採用サイトの役割

採用サイトには、求職者が知りたい情報を正しく伝え、企業理念に共感するマッチした人材を採用する役割があります。
求職者ニーズを網羅できた質の高い採用サイトは、求職者からの信用を得られやすく、効果的な採用を行うことができます。

多くの企業では、大手求人媒体への求人掲載に予算と時間を割いて採用活動が行われています。
ですが、求人媒体では掲載できる情報量に限りがあるため、求職者は、複数の転職情報サイトを閲覧したり、
企業の採用サイトから伝わってくる会社の雰囲気など重視する傾向があります。

多くの企業ではコーポレートサイトに採用情報を掲載していますが、
コーポレートサイトはやや堅い印象で制作されているケースが多いため、求職者に自社で働くイメージを持ってもらうには難しさがあります。
そのため、別ドメインやサブドメインで別途採用サイトを設けることが効果的です。

  • 求職者の志望度を高める

    求人広告は文字数制限などがあり、掲載できる写真の数なども限られるため、提供できる情報が限定されてしまいます。一方で採用サイトは情報の制限はありません。伝え切れなかったこともしっかりスペースを使って提供できます。また写真なども豊富に載せることができるため、大きな写真を使って会社の魅力を訴求したり、会社の魅力について詳しく説明することも可能。自社の特徴を詳しくリアルに伝えることができます。

  • 入社後のミスマッチを削減する

    採用サイトで詳しい情報を提供することで、入社後のギャップを少なくすることができます。何も情報がないまま入社すると「こんなはずじゃなかった…」「思っていた仕事と違った」「イメージしていた会社と違う」などミスマッチが発生しがちです。せっかく時間をかけて採用をしたのに、すぐに辞められてしまえば損失も大きいですし、退職してしまった人にとっても、マイナスになってしまいます。採用サイトがあれば、職場のこと、仕事風景、仕事仲間などを写真付きで紹介できるため、求職者は入社後の姿をイメージしやすくなり、入社後の早期退職などを防ぐことができるのです。

  • 求人広告に頼らない応募獲得

    今の時代、インターネットで仕事を探す人がほとんど。大手転職サイトなどではなく、直接企業の採用サイトなどを見つけて応募してくる求職者も少なくありません。自社の採用サイトをもっていれば、こうした直接応募を期待できるようになり、転職サイトなどに依存せずに採用活動を行なうことも可能になってきます。もちろん求人広告などに比べると、応募数などは少ないかもしれませんが、採用サイト内に求人を掲載するのは費用はかかりませんし、掲載期間も無制限。長期間掲載しておけば応募が来る可能性も十分にあるので、新しい採用のチャネルが増えるといえます。

IMPORTANT 採用サイト制作において大切にしていること

  • ターゲット層の把握

    採用活動においてもターゲットの設定は重要です。浅く広く認知するよりも、自社にとって最も欲しいターゲットはどのような人物なのか?価値観や適性、今後の目標など、より具体的にペルソナを設定し、ホームページに反映していくことが重要です。「誰に、何を伝えたいのか」をはっきりさせ、ホームページの方向性を正しく設定します。例えばですが、「プライベートを最優先にしたい人」「キャリアアップを目指して技術や知識を身につけたい人」という異なる人物に、伝えるメッセージも異なるのは明白。採用のターゲット設定後は、ターゲットが求めている情報をコンテンツ化して掲載することが大切です。

  • 学生・求職者が知りたい情報の洗い出し

    採用サイトに記載すべき内容は「企業が公表したい情報」ではなく「求職者が知りたい情報」でなければいけません。「実際の仕事内容」「社風」「求める人物像」などです。

  • 企業理念を伝えるストーリーづくり

    何をやっている会社なのか理解できなければ、求職者は会社に興味をもつことができません。採用サイトでは、必ず企業のビジョンや価値観を伝えるべきです。社会のどのような問題を解決しているか、どのような価値観を大切にしているのか、これらは採用サイトに不可欠な情報です。
    福利厚生や人事担当者の雰囲気など、企業は様々な理由で選ばれます。企業の将来性や今後の方針などの情報を決め手にしている求職者も少なくありませんので、しっかり記載していきましょう。また、どんな想いで事業に取り組んでいるのかを語ることで、会社の理解を深めてもらうのも有効です。

  • 企業を身近に感じてもらうコンテンツづくり

    自社のホームページを訪れる求職者が、企業を身近に感じられるように、採用情報に特化したデザインやコンセプトで企業の魅力を紹介することが大切です。採用サイトを作る上では、就職後の姿がイメージできるような情報が欲しいという新卒学生のニーズには、最低限答えておく必要があるでしょう。また、入社してからイメージと違ったという事を避けるために良い面も悪い面も、平等に、リアリティある情報を伝えることが大切です。エディトデザインでは、企業の第一印象のイメージ作りにも特化しています。

CONTENT 採用サイトに必要なコンテンツ

  • 会社紹介

    会社紹介など

  • 事業内容

    実績/お客様の声など

  • 仕事内容

    1日の流れ/先輩社員インタビューなど

  • 社風

    社風など

  • キャリアステップ

  • 選考プロセス

  • よくあるご質問・FAQ

FLOW ご契約から納品までの流れ

  1. 01

    顧客理解

    • 顧客行動や優先順位を明確化
    • カスタマージャーニーマップ設計
    • ペルソナ設定
    • クラスター分析など
  2. 02

    調査・分析

    • 現状の問題点や課題を多角的に分析
    • 各種データ解析
    • ヒューリスティック評価
    • 競合調査分析
    • セキュリティ・ペネトレーション診断など
  3. 03

    戦略立案

    • 施策成果の見える化に向けて各目標を策定
    • KGI/KPI設定
    • ROI試算など
  4. 04

    設計

    • 課題に即した最適な顧客体験を設計
    • ユーザーシナリオ策定
    • UI/UX設計
    • クリエイティブ設計
    • プラットフォーム選定(導入CMS選定)など
  5. 05

    構築

    • あるべき姿を形に。質の高いアウトプットを実現
    • デザイン実装
    • システム開発など
  6. 06

    運用

    • リリース後もフォローと運用
    • 改善支援が可能

PRICE 制作料金

サービス例

  • 企画・構成・諸経費
  • トップページ
  • 下層ページ(6ページ)
  • お問い合わせフォーム
  • アクセス解析ツール設置
  • 内部SEO対策
  • Googleサイト登録

総費用:50万円

新規顧客開拓・販路拡大では、営業のご活躍により契約をご検討されている新規顧客に対して、企業の信頼性や将来性を効果的にアピールできます。
優れたコーポレートサイトはご検討中のお客様に対してご契約の後押しとなります。

リクルートサイト制作料金:15万円(税抜)~

パッケージプラン

PACKAGE PLAN お得なパッケージプラン

新規顧客開拓・販路拡大では、営業のご活躍により契約をご検討されている新規顧客に対して、企業の信頼性や将来性を効果的にアピールできます。
優れたコーポレートサイトはご検討中のお客様に対してご契約の後押しとなります。

ホームページ制作で悩んだら、

まずはご相談を!

ご相談・お見積り 資料ダウンロード