ウェブ用語

SVGデータ・SVG形式とは

SVGデータ・SVG形式とは

SVGデータ・SVG形式とは【用語説明】

SVGデータ(SVG形式)とは、「Scalable Vector Graphics」の略で、その名(Vector)の通り、ベクタ形式のデータです。SVGは画像ファイルですが、XMLに準拠しており、テキストエディタで編集することも可能です。拡張子には「.svg」が付与されます。

ベクタ形式とは、画像や文字などの2次元情報を数値化して記録しており、ブラウザがその場で描画してくれます。PNGやJPEGなどがピクセルの集まりとして表現されるラスター画像(ビットマップ画像)であるのに対して、ベクター画像は曲線を描いたり一定の範囲を塗りつぶしたりといった処理を座標と数式によって行えるのです。そのため、解像度の心配や拡大縮小でデータが劣化することもありません。

しかし、SVGファイルは写真のような複雑な陰影を表現する画像には不向きです。写真画像を数値として扱うためには、膨大な量の計算が必要になるからです。

ホームページ制作で悩んだら、

まずはご相談を!